摂理人×カリフォルニア留学

さて僕は去年2016年の9月から自由の国アメリカ合衆国
カリフォルニア大学アーバイン校に一年間の留学をしています

『へ〜いいな〜...って、今さら?!』

そうなんです、なんでこっちは今昼ナンデス
(昼ナンデスってまだやってんのかな...)

この記事は留学をしたいけどどうしようかな〜って人に是非読んでもらいたいなって思います

まず僕自身のストーリーを少し話しますね

小学生の頃から英会話塾に通わされていました

中学生の頃にひょんな事でイギリスに3週間ほど短期留学をしました
それを機に英語が大好きになりました

高校時代は英語のクラスのネイティブの先生とひたすら仲良くなり
毎週日曜日に近所のサイゼリアでブレイクファストを食べてました笑

大学に入ってからはとりま外国人といるのがカッコいいと思って色々してました笑
大学内で座ってる留学生に話しかけまくったり
外国人のいそうなパーティーに参加しまくったり
スタバで意味もわからない難しそうな洋書を読んでカッコつけたり...etc

その成果もあってか留学未経験(ほぼ)で
TOEFLは90点 (特にSpeakingは27/30点)
TOEICは900点
・英検は準一級獲得
日本に20年生活しながら英語はペラペラ話せるレベルになっていました
(現在でも90%以上のアメリカ人に『アメリカ生まれの中国人orハワイアン』って言われますw)

そしてそんな僕には中学時代から変わらない夢が一つありました
それは、、、、、、、

『大学時代に海外に留学すること』

 

そんでもって月曜から木曜までは勉強頑張って外国人みたいに"Dude midterm sucks"って言ってみたり

金曜日になったらクラブに出かけてTGIFを謳歌したり

週末はカレッジにバディーたちとアメフトのゲームを観に行ったり

学期末のプロムでもガチで目立ってプロムキングになって

いわゆるドラマで観る輝かしい留学生活を夢見てた訳ですわw

でもね俺も色々考えたんですよ
まあ摂理人としてやっぱ人生について考えるのって結構デフォだったりするしね
そこで一つデカい壁にぶつかりました

『え、そーいえば俺なんで留学したいんだっけ?!』

 

ずっと夢描いていた『留学したい』ってことに理由を見出せずにすんげえ悩みました笑

人に相談すれどみんな口を揃えて『理由は何?』って聞かれて
別にこれが勉強したいからここの大学に留学したいって専門性もなかったし
英語は既にある程度話せたから語学を伸ばすって理由もないし

挙げ句の果てには一回ガチで留学を止めようかまで考えたこともありました
#これマジな #あんまりオープンじゃないやつ #でももう言うぜ #覚悟しろよ

そんな時に僕のまじリスペクする鄭明析牧師の話を聞いたことを機に留学に踏み出しました

現在はこんなに立派な岩の傑作『野心作』という作品も
初めはただの何もなかった場所に10数年をかけて岩を運び出したり作業をしたりして完成しました


(詳しくはURLをチェック! 摂理の自然聖殿〜月明洞ガイド〜http://gwz21.net/wmd/never_collapse)

自分の状況に当てはめた時に
・今は留学してないからカタチになるものは一つもないけど
留学しないと何が起こるかわかんないからインスピレーションを信じて行ってみれば?
・やってみないうちに計算しても意味ないでしょ?
・周りがいくらあーだこうだ言っても自分が後悔しない道を選んだら?
ってなって結局留学を決断しました

マジでそんときの衝撃はこんな感じな

おかげで僕は今留学していることに関して一切後悔はしていません
むしろ自分の将来の視野も広がるし良い事尽くめの毎日を送っています

でもこれから留学したいって人に言いたいのは
1.一回『なんで留学したいんだっけ』って考えてみること
→考えることに価値があります

2.留学を通しての具体的な目的もあったら良いけど主なベクトルだけを設定すること
→語学、文化交流、専門性etcなどある程度のベクトルがないと環境に振り回されてしま

3.周りが反対しても自分が行きたいなら意思を貫け!!!
→親や友達、先輩は自分の人生に責任を取ってくれません

ってことで若干説教的な感じになっちゃったけど
これからも留学で感じたことなど書いて行きます〜