読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学するならカリフォルニア大学アーバイン校をオススメする8個の理由

はじめに

Boxです。

僕は学生時代 University of California, Irvineに10ヶ月間留学をしていました。

もうかれこれ3-4年前の話になるので思い出しながらではありますが、留学を考えている人がいたら何かしらの参考になればなと思っています。

留学全般の記事はまた別途書くことにして、今回はUCIに限定して書こうと思います。

他の大学に留学したことはないので比較はできませんが、UCIはマジおすすめ。

なんでおすすめするかっていう理由をだらだらと書いていきましょうか。

勉強もできるしクラブ活動もできる

UCIはそれなりに優秀な大学です。日本で言うと地方旧帝大、北大とか東北大くらいのレベル感(適当)。世界で見たら東大よりは劣るかなって感じの立ち位置。

でもバークレーみたいにずっと勉強してないとやってられないわけでもないし、クラブ活動がかなり盛んです。

よくメインゲートの前でダンスのイベントとか、いろーんなイベントやってましたねー。

新歓の様子はこんな感じです。

もちろん勉強をしようと思えば専念できる環境もあって、実際教授もすごい人が揃ってます。

僕は向こうの授業の水準の高さにびっくりしました。正直知識ベースでは日本の受験戦争を乗り越えてきた僕らが圧倒してます。1-2年生くらい相手なら全然勝てる。

でも優秀な教授の元、かなりの量のリーディングとライティングをこなすのでメキメキ知識がつくんですね。そしてディスカッションもほぼすべての授業で必須なので思考力も伝達力もつく。

4年間骨抜きにされてきた日本の大学生とあれだけの環境で学問をして実力をつけたアメリカの大学生では卒業時の差は歴然です。

ほんと留学したらわかりますけど、日本の大学教育は終わってますよ。こりゃ勝てっこないと思いましたもん。

UCIはいろんな意味でバランスが取れるちょうどいい学校だったなーと思います。

アジア人が多いから安心する

カリフォルニアはアジア系の移民が圧倒的に多いです。

中でもUCIはUniverisity of Chinese Immigrantsとやじられるくらいにアジア人の比率が高い。白人は20%くらいで、50%以上はアジア系です。

なので、抵抗感がなくなじめるというのはあります。

実際白人オンリーの社会に単身乗り込んだ人の話を聞いてみると結構な苦労に強いられるみたいです。

もちろんその環境で自分を保ちながら、周りとの関係を築いていけるならばそれ以上に熱い留学はないのかもしれませんが、やっぱりスムーズに適応できたほうがいいですよね。

ちなみに僕らは日本人、韓国人、中国人の見分けは結構つくと思うんですが、向こうの人からすると全部一緒に見えるらしいです。まあ確かに僕も最初白人とメキシコ人の区別できなかったからなw

アーバインは全米でも治安がNo.1という安心感

アーバインは本当に治安がいいです。

ここはアメリカか、というのを忘れてしまうくらいに治安がよい。

だからその分物価が高いというのはありますが、安全にお金を払うというのは至極当たり前の経済活動かなと思います。

親御さんでもアメリカの銃社会や悪いニュースばかりが気になって、留学に行かせるのは少し怖いと思っていらっしゃる方もいますよね。

そういう時に「アーバインは一番治安がいいんだって!日本と同じくらいって留学した人が言ってたよ」と一言伝えてあげたら親御さんの不安も無くなりそうですね。

まあでも一歩隣町に行ったらもうそんな安全ってことはないし、僕の友達のメキシコ人もカツアゲにあって刃物突きつけられたりしてiPadとか財布とか取られてましたからね。

日本だと荷物を置いて席を立つとか普通にみんなしてますが、あんなのしたらすぐモノ盗られますからね。

そこらへんはやっぱり感覚があまりにも違うので、用心に越したことはないです。が、命の危険とかはそうそうないと思いますので。

カリフォルニアはマジで飯がうまい

これほんと大事ですよ?

イギリスに留学してた先輩は本当にご飯が美味しくなくてずっと萎えてたって言ってました。

一方僕は毎日「ここが地上にある天国か!」って感じでうまいもん食いまくってました。

カリフォルニアは人種のるつぼであり、マジでいろんな国の人がいます。

中華、韓国料理、ベトナムインドネシア、東欧、イタリアン、何でも来いですよ。まあ東京も近いものはありますけどね。

中でも衝撃だったのはメキシカンです。これは世界で一番うまいと思う。

ブリトーを週に3回くらい食べてました。日本でブリトーと言うとみんなコンビニのあれを思い浮かべるので「え?」みたいな顔されるんですが、あれはブリトーじゃないですから!!!w

中身に肉と野菜がぎっしり詰まってて、それをチリソースで食べるんです。もうほんまうまい。500円くらいで、めっちゃ腹いっぱいになるし。

あとはナチョスね。

チップの上に肉やら野菜やらと大量のクリームチーズ、アボカドを乗っけて、これを豪快に手で食べる。

ああ、食べたくなってきた。

あとやっぱり忘れてはいけないのがハンバーガーとピザですね。

僕が一番好きだったのはin n out

ジム帰りに普通のハンバーガー×2とミルクをいっつも買ってたw

habitもほんまにうまい。

pizzaはいろいろあるけど、僕はcostcoのグリーシーでいかにもって感じのピザが大好きだったなぁ。写真じゃ大きさ伝わらないですが、日本で言うLサイズのピザがcostcoでは1000円くらいでしたw

カリフォルニアという最高に住みやすい気候

カリフォルニア、しかも南の方で海岸寄りのアーバインは地中海性気候で本当に天気がいい。

絵に描いたような気持ちの良い日々を過ごすことができます。

UCIは緑もとても多いので木陰とかで本読みながら寝っ転がって、そのまま昼寝したりとかもできるし。

一度はやってみたかったキャンパスライフの1ページを送れます。

こういう人、キャンパス内でよく見かけます。

あととにかく雨が降らない!僕は10ヶ月間、傘を使ったことがありませんでしたw

もちろん冬とか雨が降るんですが、基本的に移動は車だし、建物のすぐ側まで駐車場なのでほとんど濡れることはありません。

6-9月くらいは暑すぎてなんにもする気が起きないのはなんとも言えないところですね。

僕はなんで哲学者は寒い国からしか出ないのか、この南国に行ってわかりましたw

暑いと深い思考に至らないんですよね。気候と文化というのは本当に密接な関係があります。

とりあえず言いたいのは、気候に関して言えば世界一快適レベルで素晴らしいところだと思います。

キャンパスに自然が多い

上から見ても一目瞭然ですが、UCIは緑がたくさんです。

っていうかカリフォルニア大学はUCIだけじゃなくどこも緑が多いですね。日本の都会のビル大学みたいな感じではありません。

キャンパスの中央にすごい大きい円状の自然があって、それをぐるっと囲んで各建物があるって感じですね。

だから教室移動が時には10分とか15分とかかかることもあります。普通に間に合わなかったりw

僕もよく時間が空いたときはお散歩したり、教会のメンバーとゴスペル歌ったりしてましたねー。

自然があるっていうのはそれだけで人間にとってプラスに働くのは間違いないので、とてもgoodポイントです。

UCIキャンパスの画像集

ビーチがあほみたいに近い

大学から車で20-40分くらい飛ばせばもうビーチです。

僕は海よりは山が好きなのであんまり行かなかったですが、Wattくんはしょっちゅう海に行ってるようですね。

実際朝サーフィンをしてから学校に来る人なんかもいるし、思い立ったらすぐに行けちゃうのがすごい。

海好きにはこれ以上ないってくらいの条件下でしょう。

本家本元のDisneyLandがある

これまたUCIから車で10-20分くらいのところにディスニーランドがあるんですよ。

僕なんか5分くらいのところに住んでましたからね。1回も行かなかったけどw

1回くらい行っておけばよかったなぁとちょっぴり後悔はしている。あそこに留学をしている日本人で行かないのって相当なレアケースなんだろうなぁ。

感想を聞いてみると、日本とは全然違って結構空いているそう。大した待ち時間もなくアトラクションに乗れるのでオススメだそうです。

ってか日本のディズニーは混みすぎ。ほんと意味わからん。まあなんだかんだ楽しいんだけどな。

アメリカという政治的、経済的、軍事的超大国に住むという経験

僕はカナダでもなく、オーストラリアでもなく、UKでもなく、アメリカに行きたかった。

だってNo.1の国じゃないですか!!!

政治の世界ではジャイアンのように振る舞い(ジャイアニズムって言葉がありますね)

経済ではGDPはぶっちぎりだし(まあ中国、インドに越されるのは不可避的ですけど)

世界の軍事費の半分はアメリカだって知ってました?アメリカvsその他で戦争して同じくらいに張り合えるってことですよ?(2012年くらいの情報)

そんなアメリカに住んでいるアメリカ人がアメリカのこと、世界のことをどう考えているのか知れたのはとても面白い体験でした。

こんな動画を思い出したので貼っつけておこう。いや、しかし、英語が聞き取れなくなってる。

Why America is NOT the greatest country in the world anymore.

最後に

書いてて、やっぱりもう一回向こうに行きたい気持ちが強くなってしまいました。

3年後くらいをめどにサンフランシスコで働きたいなとは思っているのですが、今はエンジニアリングをしっかりと身に着けないといけないですね。

それに3年もまともに英語を使ってないとやっぱり結構使えなくなってる。最近どんどん言葉に詰まるようになりました。また向こうに行けば2ヶ月くらいで元に戻ると思うんですけどね。

いやー、留学考えている人がいたらぜひチャレンジして欲しいですし、アメリカがいいなーと漠然と思っているならUCIはとってもおすすめです!